オニシバリ

数年前まで自宅近くには無いと思い込んでた『オニシバリ』。
一度気付いてしまえばここにもあそこにもという状態です。
花の咲く個体が少ないので気付きにくかったのだと思います。
15日に確認した『オニシバリ』は花が咲いていました。
画像
OLYMPUS E-3 ZUIKO DIGITAL35mm F3.5macro 絞り F8 2011,04,15 撮影
この花付の良いのは雌株のようです、子房が丸くなっている様子がわかります。

この株は花が疎らです、そして花筒が細長くみえます。
画像
OLYMPUS E-3 ZUIKO DIGITAL35mm F3.5macro 絞り F6.3 2011,04,15 撮影
こちらの花の様子からこれは雄株だと思います。
晩春から初夏に赤い果実をつけます、またその頃に確認に行きたいです。
『オニシバリ』の名の通り樹皮が強靭で切るのは難しいです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック